携帯電話インフォメーション

携帯電話についての情報サイトです

docomo

docomoとは、親会社NTTの子会社で、携帯電話・スマートフォンを対象とした無線通信サービスを提供する国内大手通信事業者です。

docomoの起源

docomoの起源は1968年、日本電信電話株式公社(NTTグループの前身)がポケットベルサービスを提供した頃です。

この頃はまだdocomoという名称は生まれておらず、電電公社民営化した後、政府によって日本電信電話株式会社から移動通信事業が分社化された1993年7月、NTTドコモのブランドが生まれました。

docomoの名称の由来は、do・Communications・over・the・mobile・network、移動通信網で実現する、積極的で豊かなコミュニケーションの頭文字から取られており、現在のスローガンはスマートライフのパートナーへ。

docomoの沿革

docomoが全国1社体制となったのは以外にも遅く、2008年までは、地方の事業会社を統括する中核会社でした。 2008年7月以降は、各地の事業会社が合併され、この頃から名称がNTTdocomoとなりました。

2010年には、NTT DOCOMO, INC.に変更され、2013年10月1日には商号のエヌ・ティ・ティ・ドコモが、これまで通称社名として使用してきたNTTドコモに統一されました。

docomoの事業

docomoは初期の事業はポケットベルサービス、後に携帯電話が生まれた後は、最大手携帯キャリアとなり、携帯端末と通信事業で高い国内占有率を現在も維持しています。

docomoのサービスが一躍有名になったのは90年代末の頃と言えるかもしれません。

1997年12月から開始された10円メールサービス、iモードサービスがリリースされ、市場で爆発的なヒットとなります。

2001年、世界初のW-CDMA方式の第3世代携帯電話サービスFOMAがリリースされ、年々FOMAは高速化されます。

そして2010年に他社が導入し始めたLTE(通信制限が課題ではありますが)に則したサービスとして、Xi提供し現在に至ります。

常に移動通信事業において第一線にいる企業です。

携帯電話についての情報サイトです

Copyright (c) 2014 携帯電話インフォメーション All rights reserved.