携帯電話インフォメーション

携帯電話についての情報サイトです

auの沿革

auは日本国内で携帯電話を提供する電気通信事業者の中でも最大手のひとつとして数えられる通信ブランドです。

前身となるのは日本移動通信とDDIセルラー系地域会社であり、設立当時、日本国内で携帯電話などの分野において圧倒的なシェアを獲得していたNTTドコモグループに対抗するため、二社のブランドを合併させたことがはじまりでした。

かつては「株式会社エーユー」という形でauのブランドを管理する専門の企業が存在していましたが、現在では日本移動通信とケイディディ、第二電電の三社の合併によって誕生したKDDI本社に統合されるかたちとなっています。

画期的な技術やサービス

auというブランドは設立当初はNTTドコモには及ばない存在として扱われていましたが、経営が続けられていくにつれてEZWebを利用したインターネット接続やGPSを利用したナビゲーションシステム、天気予報システムなどの画期的なシステムを搭載し、EZ着うたフルや現在一般的となっているパケット通信定額制サービス、EZフラットの開始などによって高い評価を獲得、2003年から2006年にかけては業界における純増シェアトップを獲得し続けました。

auはこうした「画期的な技術やサービス」をいち早く採用するということに関してはこのころから高い評価を獲得しており、2011年の10月5日には、当時から世界中で人気があったiPhoneに対応するとの発表が行われました。

スマホ・LTE

これによってauはスマートフォン分野においてAndroidとWindows Phone、そしてiPhoneという三種類のすべてを取り扱う唯一の国内キャリアとなりました。

このiPhoneの利用開始がアナウンスされた後には、それまで他のキャリアでiPhoneを利用していた顧客がauに乗換えを行うなど、非常に大きな話題となりました。

現在では2014年5月をめどにLTEの次世代高速通信規格であるLTE-Advancedの技術としてキャリアアグリゲーションを導入することを発表、日本大手キャリアとしては初のLTE-Advancedになるなどの動きを見せています。"

関連記事

auの会社と事業についての情報サイトです

Copyright (c) 2014 携帯電話インフォメーション All rights reserved.