携帯電話インフォメーション

携帯電話についての情報サイトです

  • TOP PAGE
  • ウィルコムの会社と事業

ソフトバンク傘下へ

ウィルコムは、PHSを中心としたサービスによって、ユーザーの支持を集めてきた歴史があります。

しかし、近年ではPHSを使うユーザーが減少する傾向が出てきたため、経営が難しくなる状況が出ていました。

そこで、ウィルコムは大手の通信キャリアであるソフトバンクの傘下に入って、経営を立て直す決断をしています。

誰とでも定額

ソフトバンクの傘下に入ってから、ウィルコムでは「誰とでも定額」という通話サービスを展開するようになっています。

「誰とでも定額」では、大手の通信キャリアのどの携帯電話に掛けても毎月の料金が一定となるサービスです。

そのため、色々な通信キャリアへの携帯電話を多く行う人にとっては、「誰とでも定額」にすると毎月の携帯電話料金を抑えることが可能となる利点が出てきます。

その結果、ここ数年ではウィルコムは「誰とでも定額」サービスによって、新たな顧客の開拓に成功するように変化してきています。

今ではウィルコムは大幅な顧客の流出が止まり、業績も黒字を確保するまでに回復をしてきています。

災害に強いPHS

また、近年ではウィルコムのPHSは、災害時に強い通信手段として最注目される動きが出ています。

数年前の東日本大震災の時には、被災地を中心に携帯電話が繋がらない事態が起こっていました。

被災地では津波によって、携帯電話の基地局が破壊されて電波を中継することができなくなっていたことが原因です。

しかし、東日本大震災当時でも、通常の携帯通信よりもPHSは繋がりやすい状況が生まれていました

その実績があることから、各自治体などでは災害時のためにPHSの携帯電話を常時用意しておくところが出ています。

ウィルコムではソフトバンクの子会社になったことで財務体質が良くなり、設備投資も積極的に行えるようになっています。

その結果として、以前よりも信頼性の高い通信品質を確保できています。

なお、ウィルコムの「誰とでも定額」サービスの契約はソフトバンクショップでも行えるようになり、便利に契約できるようになっています。

関連記事

ウィルコムの会社と事業についての情報サイトです

Copyright (c) 2014 携帯電話インフォメーション All rights reserved.